たんぽぽ茶の味と効果

私が初めてたんぽぽ茶を飲んだのは、妊娠して参加した婦人科のマザークラスででした。

婦長が参加者全員に「便秘や母乳の出にとても効果があるからね」と言いながらたんぽぽ茶を振舞っていました。

飲んでみると、普通のお茶の様な味でした。少しほろ苦い味です。

たんぽぽ茶ともたんぽぽコーヒーとも言われるこの飲み物。

どうもコーヒーより本当にお茶寄りの風味ですね。

妊婦はホルモンの関係などで便秘になりやすく、出産後の母乳の出に悩まされる方は案外多いらしいのです。

あと通常のお茶やコーヒーは、カフェインが入っているものが多く、早産の一因とも言われています。

たんぽぽ茶はノンカフェインらしいので、その点でも安心です。

なので妊娠中から積極的に摂ったほうが良い飲み物のようです。

しかしスーパーなどにあまり置いてないので、ネットか通販での購入が多いみたいです。

私自身も最寄りのスーパーにはことごとく置いてなかったため、通販を利用しています。

お通じには効いている気がします。毎日あるので(笑)

母乳の出に関してはまだ産んでいないので分かりませんが、たんぽぽ茶を飲んでいた知人は、問題なかったと言っていたので、効果を今から期待しています。

暑い季節になり、やはり麦茶も恋しいので、たんぽぽ茶と麦茶を併用して飲んでいます。

(福岡県 S.Iさん)

>>たんぽぽ茶の購入先はこちら




たんぽぽ茶を飲んでお通じがすっきりするようになりました。

もともとハーブティーが好きでいろいろと飲んでいたのですが、たんぽぽ茶にも興味を持って飲んでみました。

たんぽぽ茶は冷え、便秘、肝機能などによいお茶です。

マクロビオティックでは陽性の食品が体を温め、陰性の食品が体を冷やすとしています。

地下にできるものは温める食品です。

たんぽぽ茶はたんぽぽの根を使用していて、地下にできるものなので陽性で温める働きがあります。

緩やかな緩下作用もあり便秘にもよいです。

肝機能の回復作用もあり、デトックス茶などに使用されることがよくあります。

私は便秘解消と冷え解消のためにたんぽぽ茶を飲んでいます。

始めて飲んだ時はすごく苦いなと思いました。

でも、飲めない苦さではありません。

メーカーによって苦みに違いがあって、いろいろ飲んでみて好みのものを見つけて飲み続けています。

何度も飲んでいると苦みをおいしく感じるようになります。

苦いものは消化器官にいいそうで、胃の働きをよくしてくれるみたいです。

そういえば、何となく胃の調子がよいような気がします。

たんぽぽ茶を飲むようになってからは毎日お通じがあります。

今までもお通じがあったけれどスッキリしない感じでした。

それがたんぽぽ茶を飲むようになってからは毎日スッキリしています。

冷えの方はよくなったのかよくわかりません。

私はひどい冷え性で手先足先が氷のように冷たいので、なかなか効果が感じられないのかもしれません。

でも、もう少し続ければ温まってくるかなと期待しています。

(千葉県 マリさん)